イワガキ(岩牡蠣)  島根県隠岐郡海士町

イワガキ(岩牡蠣)  島根県隠岐郡海士町



■イワガキ(岩牡蠣) 。

夏が旬であり、「夏ガキ」とも言われる。殻の色が茶色っぽく、マガキに比べて大きいものが流通する。天然物と養殖物の両方がある。

【ウィキペディア引用】


海士町のブランドグルメ 動画


海士町のブランドグルメ


■海産物














今が最旬!≪世界ジオパーク認定≫隠岐直送の生食用岩がき(大粒5個入)ひとくちでは頬張れない...
今が旬 ! 活きてる感動 隠岐の活サザエ 2kg ≪世界ジオパーク認定≫隠岐の漁師から直送♪つぼ...
残りわずか!≪世界ジオパーク認定≫隠岐直送の白イカが堪能できる!幻のイカで作った刺身、丸...





■食品






サザエのご当地カレー!変り種!島根の隠岐島じ「カレーと言えばさざえカレー」らしいよ!!シ...





ご当地グルメ通販トップへ



| 島根県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白イカと寒シマメ 島根県隠岐郡海士町

白イカと寒シマメ 島根県隠岐郡海士町



■ケンサキイカ(剣先烏賊、Uroteuthis edulis)(白イカ)。

味がよく、日本各地で漁獲されている。アカイカ・シロイカ・マルイカ等の別名がある。12月-2月の冬場は水深80-100mの深場に生息し、春先の水温上昇とともに浅場へ移動する。通常サイズは20-40cmで、特に大型のものは「弁慶」の別名で呼ばれる。

福岡県・玄界灘と言えばこの「ケンサキイカ」を指し、佐賀県・唐津・呼子では「ヤリイカ」と呼ばれている。純白のヤリイカに対して、ケンサキイカは赤茶色を帯びていて見分けが付けやすい。築地市場では山陰・九州北部沖で獲れる胴の短いケンサキイカをシロイカ、伊豆諸島沖で獲れる細長いケンサキイカをアカイカと呼ぶが、遺伝的には同種であり環境による変異であるとされる。

デリケートな生き物であるため保存は難しいが、呼子では「生きつくり」が食べられるほか、てんぷら、しゅうまい、塩辛、ご当地バーガーなど、バラエティーに富んだ料理が楽しめる。

大型で肉厚のうえ味がよいため、スルメイカなどと同様のイカ焼きはもちろん、特にスルメの材料として珍重されている。ケンサキイカのスルメは「一番スルメ」と呼ばれ、最も上等のスルメとされる。


■スルメイカ(冬に日本海でとれるスルメイカを寒シマメと言う)
スルメイカ(鯣烏賊、学名:Todarodes pacificus)。

日本列島沿海を中心とした北太平洋海域に分布し、古来、日本人はこれを食してきた。今日においても最も消費量の多い魚介類である。 また、東アジアでは中国北宋時代以降(蘇頌が編纂した『本草図経(中国語版)』の刊行[西暦1061年]以降)、もしくは、遅くとも日明貿易以降、日本産のイカとして知られている。

方言では他にも、「真イカ」「マツイカ」「トンキュウ」「ガンゼキ」「シマメイカ」「サルイカ」などがある。

【ウィキペディア引用】


「スルメイカ」(寒シマメ)動画


隠岐/海士町 するめいか漁








11/18放送の『ヒルナンデス!』で紹介!離島から届く鮮度にこだわった稀少なイカ■送料無料■隠...






ご当地グルメ通販トップへ



| 島根県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康に良い海藻 アカモク

健康に良い海藻 アカモク


アカモク(学名:Sargassum horneri )は、
褐藻綱ヒバマタ目ホンダワラ科に属する海藻である。
北海道(東部を除く)から日本全土の漸深帯(浅海)
に分布し、朝鮮半島、中国及びベトナム北部にまで
分布する。
1年生で、秋から冬に生長し、4-7mの長さに達する。


秋田県では「ギバサ」、山形県では「銀葉藻(ギン
バソウ)」、新潟県では「長藻(ナガモ)」と呼び
食用にする。


モズクやメカブ同様、ポリフェノールやフコイダン、
フコキサンチン、各種のミネラル、食物繊維を豊富に
含み、健康に良い機能性の高い食品として注目をあび
ている。


【ウィキペディア引用】



「アカモク」動画


岩手県山田町の「アカモク」を給食に








【天然】玄界灘産 天然 アカモクとろろ 280g x 5個セット






ご当地グルメ通販トップへ



| 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。